知ってますか?自動車保険

自動車保険自動車を買った時に、だれもが加入する自動車保険。交通事故や人身事故を起こした時に補償を行う自動車保険について、あなたは、どのくらい保険の内容や仕組みについて知っていますか?

人生で初めて自動車を購入する人の中には、自動車保険の仕組みやどういった種類の保険があるのかさえ、よく分からないといった人もおられるかもしれませんね。自動車販売店で自動車を購入する契約を結んだら、自動車販売店を通して、或いは自動車保険代理店から、自動車保険の契約を結びます。
保険内容の説明を受けながら、それぞれに合ったタイプの自動車保険を勧められると思われますが、自動車保険と言っても、いろいろなタイプや種類がありますから、事前に保険について知っているとトクすることも結構あります。

自動車保険例えば、運転は自動車購入の契約者しかしなかったり、自動車は休日のたまにしか利用しない、運転者の年齢など、それぞれの状況に応じて、保険料を減額することができたりするのです。保険代理店から、こうした説明を丁寧に受けていれば良いのですが、保険会社任せにしたりすると、もしかしたら、万一の事故を起こした場合に、対物の補償が付いてなくてがっかりしたとか、必要以上に保険料を払ってしまったとか、後で後悔することも起こります。

自分に合った自動車保険を

また、自動車保険は、運転手に対する保険ではなく、車両に付く保険なのです。ですから、自動車一台ずつ、保険に入らなくてはなりません。他人名義の自動車を運転して事故を起こした場合、その事故車が運転者限定条件を付けていたら、事故を起こしても補償の対象にならない場合があります。

そして、自動車保険が、生命保険など他の保険と大きく違うのは、自動車事故の被害者救済が目的という点です。自動車保険には、強制加入の「自動車損害賠償責任保険(通称、自賠責保険)」と、任意加入の自動車保険の二種類がありますが、自賠責保険には必ず加入しなくてはならない義務があるのです。
自賠責保険は、人身事故に遭った被害者を補償する保険です。ただし、被害者や、車などの対物補償がありません。そのため、自賠責保険だけでは、まかないきれない損害賠償金の不足分を補うのが、任意加入の保険になります。
自賠責保険だけでなく、任意加入の保険に入って事故対策に万全に備えられるよう、自動車保険についての疑問について、これから解決していきましょう。